入浴剤の代表!バスクリン&バブ

ツムラ

日本で初めてとなる入浴剤を作ったツムラです。1893年に創業された津村順天堂の社歴を辿っていきましょう~。今はアース製薬株式会社の子会社になっていますが、バスクリンシリーズの他にも、ヘア・ケア商品お「モウガ」シリーズなど展開しています。そして、一般用医薬品の漢方部門でも業界3位でクラシエ薬品などとシャアを占めています。

無難なプレゼントといえば入浴剤!

津村順天堂時代

  • 1893年(明治26年)・・・初代津村重舎が津村順天堂の商号で日本橋に漢方薬局を開きました。婦人用生薬製剤「中将湯」の生産販売を開始しました。
  • 1900年(明治33年)・・・くすり湯浴剤「中将湯」発売します。
  • 1919年(大正8年)・・・目黒工場竣工しました。
  • 1924年(大正13年)・・・漢方生薬の研究を目的として、津村研究所と津村薬草園を設立しました。
  • 1926年(大正15年)・・・学術雑誌「植物研究雑誌」(主宰:牧野富太郎)を創刊しました。
  • 1930年(昭和5年)・・・芳香入浴剤「バスクリン」の生産販売を開始しました。
  • 1936年(昭和11年・・・株式会社化しています。
  • 1941年(昭和16年)・・・二代目、津村重舎が社長に就任しました。
  • 1943年(昭和18年)・・・満州津村順天堂を奉天に設立しました。
  • 1948年(昭和23年)・・・土壌害虫駆除用農薬「D-D」の輸入販売を開始しました。
  • 1952年(昭和27年)・・・中央区日本橋に本社竣工しました。中将湯ビルとして運用されました。
  • 1954年(昭和29年)・・・婦人薬「ラムール」発売しました。
  • 1959年(昭和34年)・・・大宮工場竣工しました。大宮工場は1965年(昭和40年)閉鎖しています。
  • 1962年(昭和37年)・・・津村交易株式会社を吸収合併しています。
  • 1964年(昭和39年)・・・バスクリン静岡工場竣工しました。
  • 1972年(昭和47年)・・・浴槽洗浄剤「バスピカ」発売しました。
  • 1976年(昭和51年)・・・漢方製剤が薬価基準収載されました。
  • 1976年(昭和51年)・・・三代目社長に津村昭が就任しました。
  • 1978年(昭和53年)・・・株式公開をしています。
  • 1982年(昭和57年)・・・東証一部に上場しました。
  • 1983年(昭和58年)・・・富士枝急送株式会社(現株式会社ロジテムツムラ)に出資しています。
  • 1983年(昭和58年)・・・茨城工場が竣工しました。
  • 1983年(昭和58年)・・・日本生薬株式会社を設立しました。
  • 1986年(昭和61年)・・・千代田区二番町(通称は麹町・日本テレビ放送網麹町分室向かい)に本社を竣工して移転しました。
  • 1986年(昭和61年)・・・入浴剤の「日本の名湯」を発売しました。

ツムラ時代

  • 1988年(昭和63年)・・・社名をツムラへ変更しました。
  • 1990年(平成2年)・・・深セン津村薬業有限公司を設立しました。
  • 1991年(平成3年)・・・Pacific Marketing Alliance,Inc.をパルタックとの合弁で設立しました。後にマンダム・エステー化学・太田胃散・キンカンも出資しています。
  • 1992年(平成4年)・・・ツムラ日本漢方記念館開館しました。
  • 1995年(平成7年)・・・四代目社長に風間八左衛門(初代津村重舎の孫)が就任しました。
  • 1997年(平成9年)・・・創業一族の津村昭(三代目社長)が巨額債務保証で特別背任罪で逮捕されました(ツムラ事件)。
  • 1999年(平成11年)・・・行動勲章「ツムラスタンダード」を制定しました。
  • 2000年(平成12年)・・・上海津村製薬有限公司を設立しました。
  • 2000年(平成12年)・・・TSUMURA USA,INC.を設立しました。
  • 2004年(平成16年)・・・創業一族以外で初めてとなる社長、芳井順一社長が誕生しました。
  • 2005年(平成17年)・・・日本生薬株式会社を吸収合併しました。

お風呂でボコボコしたい貴方へ・・・

できるだけ身近な業者にお願いしたい。そう感じているホームページ制作を依頼するお客様が多い事から、ホームページ関西.comは関西エリア限定でサービスを提供させていただいております。ホームページの見積もりはおまかせください。

分社化から独立へ

  • 2006年(平成18年)・・・家庭用品部門を会社分割により分社化しました。(社名:ツムラ ライフサイエンス株式会社)。本社ビルと六番町ビルを売却しました。
  • 2007年(平成19年)・・・港区赤坂に本社を移転しました。
  • 2007年(平成19年)・・・Pacific Marketing Alliance,Inc.の持分をJFC INTERNATIONAL INC.(キッコーマングループ)へ売却しました。
  • 2008年(平成20年)・・・家庭用品を扱う子会社ツムラ ライフサイエンス株式会社の全株式を、投資ファンドのWISE PARTNERSへ売却しました。そして、同社はツムラから独立しました。
  • 2009年(平成21年) ・・・ツムラ ライフサイエンス株式会社はWISE PARTNERSの子会社と合併して、ツムラ ライフサイエンス株式会社の現経営陣や従業員の一部が自社株取得 (MBO) によって資本参加しました。夕張ツムラを設立しました。
  • 2010年(平成22年)・・・ツムラ ライフサイエンス株式会社が社名を「株式会社バスクリン」に変更しました。そしてツムラ ライフサイエンス株式会社は2012年(平成24年)2月29日よりアース製薬の子会社となりました。